大切な自転車だからこそ、補助錠は必要なんです

hojyo_kagi今や自宅の玄関に二重にカギをかけるのが防犯上の常識となりつつあります。侵入盗対策はそれで完璧というわけではありませんが、ダブルロックによって侵入盗が侵入を試みる危険性自体が軽減される効果は充分に期待できます。
しかし人が生活する上で大切な財産はなにも家の中にだけあるということではありません。たとえば手軽な移動手段として普及している自転車は、高価なものであればバイクよりも高額なものまで存在します。改造すればさらなる費用が発生するわけで、自動車なみにお金をかけたスペシャルな自転車だって決して珍しくないのです。

さいたまの鍵屋さん

そのような大切な自転車であれば、たとえばチェーンロックやタイヤロックだけで防犯性能を期待することは難しいといえるでしょう。特に高価な自転車であれば他の乗り物よりも盗難被害に遭遇しやすいという傾向は否めません。そうであれば、当然セキュリティー性能にもこだわった防犯対策が必要となってくるのです。

おまかせロック | サービス・機能 | NTTドコモ

補助錠は、自転車の盗難防止性能を格段に向上させます。まずは玄関のダブルロックとおなじように、盗難を試みる不届きものの「試みの機会そのもの」を減少させることが期待されます。さらに補助錠の性能次第では、仮に盗難が試みられたとしても、特殊な器具を使用しないかぎり、その自転車を別の場所へ運ぶことさえ出来なくすることができるのです。自転車には複数の施錠というのが常識です。

アクセス&イモビライザー | コンポーネント | 岡谷エレクトロニクス

あらゆる「カギ」が二重三重のロックによって、その防犯性能を高めようとしており、徐々にその効果が一般に認識され、常識と考えられはじめているようです。しかし常識になるということは、それが一般化するということであり、極端に言えばどこの家の玄関にも二重に錠前が取り付けられるということでもあります。もしそうなってしまえば、もはや「他と比べて侵入時間がかかるので敬遠される」というダブルロックの防犯特性のイニシアチブは失われてしまうことでしょう。