キレイ好きな人は鍵穴も掃除している

Key_holeカギのトラブルは一度起きてしまうと深刻化するケースが多く、その場合の対応にかかる費用も高額となりがちです。ですからカギのトラブルについて言えば「予防保全」が非常に重要であるといえるのです。

従来「カギは滅多に壊れないもの」というイメージがあり、実際たとえば美和ロックの初期の「ディスクシリンダー」についていえば、10年以上なんのメンテナンスもなしで正常に稼働していたなんて例もあるほどですから、あながち間違いでもなかったのでしょう。

ところがピッキングなどの空き巣被害が増加傾向となり、メディアなどが大きく取り上げたことによって社会的な認知度が上がり、セキュリティーに対する意識も徐々に高まってきました。
こうして一部の住宅やマンションではセキュリティー性能の高いカギと錠前が取り付けられるようになったのですが、防犯性能が高い、あるいはピッキングに強いということは、そのまま精度が高いカギと錠前であることも意味したのです。このことが、カギの耐久性能そのものを犠牲にしていたことは、あまり知られていませんでした。少しの誤差やズレによって解錠出来なくなるカギは、たとえば合い鍵とオリジナルとでは錠前にかける負担が変わってきます。たとえカギそのものに問題がなくとも、カギ穴になんらかのトラブルがあれば、やはり同じように故障の原因となってしまうというわけです。

錠前、特にカギ穴は通常屋外に向いているものです。雨も降れば風も吹く、チリやホコリも入ることだってあるでしょう。なにより濡れたり汚れたりしたカギが使われていることだって充分に考えられるのです。
異物の侵入した錠前はカギが抜けなくなるなどの不具合を起こします。予防法としては、カギ穴を定期的に掃除しておくこと、その際専用の洗浄剤を使用することなどです。専用のもの意外を使うと故障の原因となるので注意が必要です。今やカギもキレイに掃除しておく時代というわけです。